更年期障害 PMS

更年期障害とPMSは似ている ?

閉経を挟むおよそ10年間を更年期と言い、
この時期にさまざまな辛い症状が現れるようになります。

 

この更年期障害の症状とPMSの症状は似た部分が多くあります。

 

 

更年期障害は40代から50代の女性多く見られる症状ですが、
最近では若い女性にも見られるようになっており、
更年期障害なのか、それともPMSなのかの判断に悩むこともあるようです。

 

 

PMSとは、月経前症候群のことで、
乳房のハリや肌荒れ、むくみなどの身体への症状と、
イライラや憂鬱、倦怠感などの心への症状があります。

 

これは、生理前に増加する黄体ホルモンのプロゲステロンが原因です。

 

妊娠・出産に向けてプロゲステロンが多く分泌するようになり、
体温を上昇させて、栄養や睡眠を貯めこみ、準備を始めます。

 

だるさや倦怠感、むくみなどの症状、さらにその不快感が
イライラまでもを強く引き起こすように。

 

しかし、生理になると、プロゲステロンは減少するので、
プロゲステロンの作用によるPMS症状は軽くなっていきます。

 

 

一方の更年期障害は、加齢により卵巣機能が低下することで、
女性ホルモンの分泌も次第に減っていくことが原因。

 

女性ホルモンの分泌量の低下が、
身体や心にさまざまな症状を引き起こすようになるのです。

 

卵巣機能が低下して、月経がなくなることを閉経と言いますが、
この閉経の前後10年間を更年期と言います。

 

日本人女性の閉経を迎える平均年齢は50歳くらいと言われていますから、
45歳から55歳くらいまでが更年期となります。

 

更年期障害の代表的な症状としては、
ほてりやホットフラッシュと言われる急な発汗や頭痛、
イライラ、落ち込み、食欲不振など、実にさまざま。

 

 

更年期障害もPMSもどちらもホルモンバランスの変化が原因となっているので、
症状も似たものが多いです。

 

特に、イライラや落ち込み、倦怠感などの
心への症状は似ており、これに悩まされる女性が多いようです。

 

非常に症状は似ていますが、
PMSの場合には、生理が始まると次第に症状も軽くなり、消えていくのに対して、
更年期障害の場合には、40代以降の女性に現れて、
継続的に症状が現れることが大きな違いです。

 

ただ、最近では先ほども説明したように、
20代から30代の若い女性にも、若年性更年期障害が見られるようです。

 

 

トップのページに戻る

関連ページ

PMSはストレスを溜めないようにする事が大事!
PMSの症状がある月とない月があるのはなぜなのでしょうか?PMSに関する情報をまとめたサイトです。オススサプリメントも紹介しています。
生理前になると食欲が異常になるのはなぜ?
PMSの症状がある月とない月があるのはなぜなのでしょうか?PMSに関する情報をまとめたサイトです。オススサプリメントも紹介しています。