PMS ある月とない月

PMSの症状がある月とない月があるのはなぜ?

PMSの症状がある月とPMSのない月がある、と
誰でも感じたことがないでしょうか。

 

 

PMSの症状は人によってかなり個人差があります。

 

症状の重い人であれば、日常生活が困難になるほどです。

 

PMSの症状として挙げられるのは、
胸の張りや痛み、腰痛や頭痛、肌荒れ、むくみ、疲れなどの身体への症状と、
イライラや情緒不安定、集中力の低下などの精神的な症状があります。

 

PMSにはいろいろな症状がありますが、
これらの症状を引き起こす根本的な原因となっているのは
女性ホルモンの一つ、プロゲステロンが増加するから。

 

排卵が終わってから生理が開始されるまでの期間、
女性ホルモののプロゲステロンが増えるのですが、
これがPMSの症状を引き起こしています。

 

プロゲステロンには、

 

・体温を上昇させたる。
・皮脂分泌を多くする。
・身体に水分や栄養分を溜め込む。
・骨盤内に血液を溜める。

 

などの作用があります。

 

プロゲステロンのこれらの作用によって、
胸の痛みや腰痛、むくみなどの症状が現れるようになるのです。

 

 

では、精神的な症状はどうして起こるのでしょうか。

 

精神面でのPMS症状は、
脳内の物質、セロトニンが減るからとされています。

 

セロトニンは、喜びや幸せを感じる物質で、
感情コントロールには欠かせないものです。

 

プロゲステロンの作用で身体に不調が起こることで、
疲れやストレスを感じやすくなます。

 

そうなると、感情をコントロールするセロトニンが減少し、
精神面でのPMS症状が起こりやすくなります。

 

 

つまり、PMSの症状は、ストレスに大きく影響されているので、
PMSのある月とPMSのない月があるのです。

 

プロゲステロンの作用により、身体への負担が大きい時期に、
さらに、仕事や育児、家事などのストレスが大きいと、
PMSの症状も強くなり、イライラや情緒不安定、不眠なども起こりやすくなります。

 

また、過度のストレスで、ホルモンバランスも崩れ、
胸の張りやむくみなどのPMSの身体への症状も強く現れるように。

 

 

PMSのない月を増やして快適に過ごすためには、基礎体温をつけるようにして、
高温期になったらストレスを出来るだけ排除し、
ゆったりと過ごすようにしてみましょう。

 

 

⇒PMS対策サプリ「女性のミカタ」の30代女性の体験レポ

PMSのイライラで彼氏に八つ当たりしてしまう…

生理前になると、とにかくイライラしてしまう、
身体がだるい、疲れやすい、などの症状で悩まされている女性は多いはず。

 

こんな時に限って、育児や家事、仕事などが山積みで、
さらにそれがイライラを募らせてしまう。。

 

抑えられないイライライを彼氏に八つ当たりしてしまい、
後で後悔してしまう女性もたくさんいるのではないでしょうか。

 

 

いつもなら平気なことも、
生理前には、やたらと気に障ったり、許せなくなったり、
感情的になってしまうものです。

 

彼氏からは、キレやすい、感情的、怒りっぽい性格であると判断され、
別れてしまうケースもあるようです。

 

こんな悲しい結末を避けるためにも、
PMSの症状がとても辛いことを彼氏に伝えて、理解してもらうことが大切です。

 

 

生理前になると黄体ホルモンのプロゲステロンの分泌量が多くなり、
身体が妊娠に向けて準備を始めます。

 

体温が上がり、栄養や水分を溜め込むように。
これが、むくみやだるさを感じる原因となります。

 

また、骨盤に血液が集まるので、全身が血行不良にもなるので、
身体が重く鈍く、だるく感じるようになります。

 

何も手に付かないほどの身体のだるさが、
今度はセロトニンという脳内物質にも影響を与えて、
イライラを強くさせてしまうことに。。

 

PMSのイライラで彼氏に八つ当たりしてしまい後悔してしまう前に、
しっかり彼氏に理解してもらい、
イライラを抑えるためにも、生理前はゆっくり過ごすことが大切です。

 

 

トップのページに戻る